筋トレ

コスパの良い高タンパク質食材5選!どこでも買える身近な物!

筋肉や髪、肌といった体の大部分において、重要な役割を持つタンパク質を、お手軽に摂取する方法はないかなと感じたことはありませんか。

私は趣味で筋トレをしているのですが、いかに安くかつ美味しくタンパク質を取れる食材はないかなと、日々スーパーを巡り、裏の栄養成分表と睨み合いをしてきたのですが、そうするうちに普段身近に食べる食材において、格安且つ美味しい高タンパクの食材を発見しました。

そこで今回は、5つの格安高タンパク食材をコスパの良さでランキングを作りましたので、紹介していきます。

最後に5つの食材とプロテインの比較をしていますので、参考にして下さい。やっぱりプロテインは便利でした。。。

ケンタ
この調査でプロテインの優秀さを痛感しました

こんな方におすすめ

  • 筋トレをしていて安くタンパク質を摂取したい方
  • 肌や髪を綺麗にするためにタンパク質が必要
  • プロテインと食材のタンパク質を比較したい方

 

ではランキングを見ていきましょう!

5位 ちくわ

第5位はちくわになります。そのまま食べられるちくわは、時間や場所を問わずに美味しくタンパク質を摂取することが出来ます。

ちくわの栄養成分を見ていくと、100gあたり

メモ

  • カロリー 121kcal
  • タンパク質 12.2g
  • 脂質 2g
  • 糖質 13.5g
今回紹介する全ての栄養成分表は、比較しやすいように全て100g当たりで表示しています。

ちくわ1本あたりの重さは30g程となっており、安い物は5本入りの袋が80円で売られています。

計算したところ、ちくわのタンパク質1g当たりのコストは4.34となりました!

4位 鶏胸肉(皮なし)

第4位はなんと意外な鶏胸肉がランクインしました。皆さん1位がトリムネだと予想した方が多いかと思いますが、タンパク質グラム当たりの料金を出すと、もっと安い物があるんです。

鶏胸肉の栄養成分表は、以下の通りです。括弧内の数字は皮付き100gの栄養成分を表しています。

メモ

  • カロリー 108kcal (191kcal)
  • タンパク質 22.3g (19.5g)
  • 脂質 1.5g (11.6g)
  • 糖質 0g (0g)

やはり皮を剥ぐことで、カロリーや脂質を大幅にカットすることが出来ますね。むしろ皮なしの場合、ほとんどタンパク質しか含んでいないことが分かります。鶏胸肉の値段は皮付き100gの場合50円皮なしで考えると100gで80円程となります。

計算したところ、皮なしの鶏胸肉のタンパク質1gは3.59となりました!お肉ということもあり、他の食材と比較すると少し高くなったかもしれませんね。

3位 納豆

3位にランクインしたのは、やはり乳製品である納豆になりました。納豆は非常に安く、一時期毎日のように朝ご飯で納豆を食べていました。

納豆の栄養成分は他の食材に比べて少しカロリーと脂質が高いのが気になりますが、騒ぐほどではない気がします。

メモ

  • カロリー 200kcal
  • タンパク質 16.5g
  • 脂質 10g
  • 糖質 12.1g

納豆は1パックの内容が50g程となっており、大体の物は3パックで80円前後です。

よって納豆のタンパク質1g当たりのコストは3.15となりました。

2位 豆腐

第2位は納豆の兄弟と言いますか、同じ大豆から出来た豆腐になりました。豆腐はカロリーがもの凄く低く、ダイエット食品としても話題になっていましたが、その栄養成分はどのようになっているのでしょうか。木綿豆腐の数値を見ていきましょう。

メモ

  • カロリー 56kcal
  • タンパク質 4.9g
  • 脂質 3g
  • 糖質 2g

こう見ると、タンパク質が全然なく、水分量が多くを占めていることが予測できると思いますが、今回のランキングはコストパフォーマンスで比較したため、ランクインしています。(100g当たりのタンパク質だと少ないです。)

木綿豆腐1丁は400g程であり、安い物は75円前後で購入することが出来ます。

豆腐のタンパク質1g当たりのコストは2.65になりました!まさかのグラム3円を下回る安さです。さすが笑

1位 卵

堂々の第1位は卵になりました!まあここまできたら、ある程度予測がついたと思いますが、卵は美味しい・安い・栄養満点という完璧っぷりです。また卵は、アミノ酸スコア100の必須アミノ酸をバランス良く含んだ良質なタンパク質でもあります。

そんな卵の栄養成分は

メモ

  • カロリー 151kcal
  • タンパク質 12.3g
  • 脂質 10.3g
  • 糖質 0.3g

少し脂質の量を気にするという方は、白身だけ食べると、黄身に含まれている脂質を排除タンパク質を摂取することが可能です。

卵1個は60g程になっており、10個入りのパックで安い物は160円程で売られています。

コスパ1位のタンパク質1g当たりのコストは2.28となりました!

実際プロテインと比較するとどうなのか。

高タンパク質食材にどれ程のタンパク質が入っているか分かりましたので、次はタンパク質の王様であるプロテインと比較をしていきましょう。

今回比較に使うのは、マイプロテインさんのホエイプロテインになります。

このメーカーの特徴としては、なんと言っても安い!!!

通常価格は1kgで3,990円となっていますが、マイプロテインは大きなセールや割引で半額なんて事もあります。もはや通常価格なんてないようなものです。

初めて購入する方は、紹介コードに「0MWG-R2」を入力すると1000円分のクレジット貰えます💪

頻繁にセールが開催されていますので、随時確認してみて下さい

マイプロテイン公式サイト

1食(25g)あたりの栄養成分を見ていくと、

メモ

  • カロリー 103kcal
  • タンパク質 21g
  • 脂質 1.3g
  • 糖質 1.0g

とやはり非常に優秀ですね。これは100g換算すると、タンパク質82gになります。たんぱく質1gあたりの値段を通常価格により計算すると、1g3.4になりました。こう見ると高いようですが、通常価格で買うことは一切ない!!半額になると、1.7となり安さが圧倒的です。

またマイプロテインは、フレーバーが非常に豊富で、60種類以上もあり自分の好きな味を見つけることが出来るので、飽きると言うことはありません。

更にプロテインのタンパク質は、普通の食材が持っているタンパク質と比較して、吸収される速さが速い為、筋トレをした後や朝のタンパク質補給に優れています。

プロテインのメリットをまとめると下記の4つになります。

  • 時間や場所を気にせず、一瞬でタンパク質を取る事が出来る
  • 自分の好きな味を楽しむことが出来る
  • 他のタンパク質に比べて早く吸収することが出来る
  • なんと言っても安い

 

僕の意見としては、普段の食事で今回紹介したものからタンパク質を取りつつ食事の間食トレーニング後のタンパク質補給として、プロテインを飲むことをオススメします。

最初にプロテインを買うとなると、不安な気持ちになるかもしれないですが、筋肉だけじゃなく、肌や髪にも必要なってくるため、自分が目指している姿に近づく為には、必要な自己投資となります。

最初の購入は更にクーポンが付いてくるため、ここで合うか合わないかを判断することをオススメします!

では、コスパの良い高タンパク質ランキングと、プロテインの比較を終わります。

最後までご覧頂き、ありがとうございました!

-筋トレ

Copyright© 脳筋ケンタ.net , 2021 All Rights Reserved.