海外旅行

北京で絶対に行くべきオススメ観光地厳選5選!

今回は中国の首都であり、文化と政治の中心地である北京のオススメ観光地を、厳選して5つ紹介していきます。

北京は高層ビルが建ち並ぶ近代的な風景から、万里の長城や天安門といった歴史的な遺産もあるため、世界中から多くの観光客が訪れている人気の都市です。

日本から近く、比較的簡単にアクセスすることが可能な他、ヨーロッパや他国に行く際の乗り継ぎ地として訪れる機会も多いと思いますので、是非チェックしていってください!

万里の長城

まず最初におすすめしたい観光地は、皆さんご存じ万里の長城です。

万里の長城は、北方民族の侵略から迎撃するために、秦の始皇帝によって建設されました。その後修復等が行われ、現存している姿は明代に作られたと言われています。

総延長約6000kmもある城壁は、主に2つの場所が保存状態が良く、観光地として有名です。1つ目は八達嶺長城といい、緩やかな女坂と傾斜のきつい男坂の2つの入り口をもつ人気な場所ですが、近年人気が高まりすぎて、中国人観光客が多く、万里の長城を見に来たのか、人の群れを見に来たのか分からなくなる事態が発生しかねません。

ですので、2つ目の全長約2250mある慕田峪長城がオススメです。

私も実際に慕田峪長に行ったのですが、もの凄く人が少なく、楽に観光することが出来ました。上の写真もそのときに撮ったもので、人の少なさが分かると思います。

標高もあるため歩いて行くのは時間がかかるため、上りはケーブルカーを利用して、スライダーで下ることをおすすめします。

営業時間は、午前8時から午後5時(11月16日~3月15日)

午前7時半から午後6時(土日は6時半)(3月16日~11月15日)

料金は、入場料40元,ケーブルカー往復15元,片道10元,スライダー100元

天安門広場

天安門広場は北京の中心地に位置しており、44万㎡の敷地の周りには、人民大会堂や国家博物館、毛沢東記念館といった重要な建物が集まっています。写真に見える天安門は明の時代に建設された後、清の時代に再建されたもので、紫禁城の南門でもあります。

広場の真ん中に位置する中国革命の英雄の顕彰碑、人民英雄記念碑です。表面には毛沢東による「人民英雄永垂不朽」(人民の英雄は永遠に不滅だ)と刻まれています。

営業時間は広場は関係ないですが、天安門の入場は午前8時半から午後5時までです。

料金は広場や国家博物館、毛沢東記念館は無料。天安門は15元,人民大会堂30元です。

紫禁城(故宮)

紫禁城は明清朝の旧王宮である世界最大の木造建築群です。上の写真は太和殿という一番大きな建物で、かつては即位式や結婚式が開かれていました。また映画「ラストエンペラー」のロケ地としても使用されています。内部はかなり広く、中国という国のスケールの大きさにびっくりします。

営業時間は午前8時半から午後4時15分(4月1日~10月31日)

午前8時半から午後3時45分(11月1日~3月31日)

入場料は60元(4月1日~10月31日)40元(11月1日~3月31日)

天壇公園

明の永楽帝が、天に対して祭天を行う場所として建立した天壇です。上記の建物は祈年殿といい、天安門や紫禁城と共に北京のシンボル的存在として、ユネスコ世界遺産にも登録されています。

また、大きさは直径32m、高さ38m、25本の柱に支えられており、現存する中国最大の祭壇でもあります。朝には、公園内で現地の人が太極拳や将棋をしているのを見ることが出来ます。

建物以外にも綺麗な庭が広がっているため、のんびりして世間話をしている現地の人も少なくなかったです。

開放時間は午前6時から午後5時半です。

入場チケットは15元。奥のエリアに行くことの出来る共通チケットは35元です。

頤和園

最後のオススメ観光地は、清朝や西太后の離宮であった頤和園です。頤和園は、清朝の皇帝が母親の長寿を祈って造った皇族庭園です。大きく広がっている湖「昆明湖」は人工のものであり、広大な庭園の4分の3を占める大きさもあり、ボートに乗って楽しむことが出来ます。

頤和園周辺には、中国特有のゲテモノが販売されている屋台があり、私は蝉の唐揚げを食べましたが、美味しい物ではなかったです。。。

現地の人曰く、観光客用の食べ物で、現地の人も普通は食べないとのことでした。気になる方はせっかくの機会ですので、挑戦していいと思います!

開放時間は午前8時半から午後5時(4月1日~10月31日)午前9時から午後4時(11月1日~3月31日)

入場料は30元(全てを回れる券は60元)(4月1日~10月31日)

20元(全てを回れる券は50元)(11月1日~3月31日)

まとめ

今回は北京に訪れた際、絶対に行くべきオススメ観光地を厳選して5つ紹介していきました。中国は、アジアの中で世界遺産が1番多い国でもあり、なかでも首都である北京には魅力的な観光地がたくさんあります。北京ダックといった食べ物も比較的安価に楽しむことが出来るので、是非北京に旅行行ってみてください!

最後まで御覧頂き、ありがとうございました!

-海外旅行

Copyright© 脳筋ケンタ.net , 2021 All Rights Reserved.