雑記

大学生が給付金10万円を受け取るための手順

新型コロナウイルスの影響による緊急経済対策として、国民1人あたりに10万円の給付をされる事が決定しました。この給付対象者は4月27日の時点で住民基本台帳に記録されている方は全員となっています。

私は今現在大学生なのですが、新型コロナの影響でアルバイトのシフトが削られ、以前のように稼ぐことが難しくなっていたので、学生でも10万円貰えるのは非常にありがたいことです。

給付金を受け取るには、ご自身で申請をする必要があるため、逃さずにしっかり受け取るためにも、今回は給付金10万円をどのように申請して受け取ることが出来るかを簡単にまとめましたので、是非参考にして下さい。

実家住まいの大学生もしくは住民票を移動させていない一人暮らしの場合

まずは実家に住んでいる大学生、もしくは一人暮らしですが住民票は実家から移動させていない大学生の場合です。

今現在あなたが上の一方に該当している場合は、特に手続きする必要はありません。あなたが属する世帯の世帯主(親御さん)宛てに申請書が郵送されるため、その世帯主が申請願いを出すことで給付金を受け取ることが出来ます。

給付金は一括して世帯主の振込口座に振り込まれます。

住民票を現在地に移動させて一人暮らししている場合

住民票を現在地に移動させて、一人暮らしをしている大学生は下記のいずれかの方法で申請手続きをして下さい。

1.郵送による申請方法

市町村から皆さんの住所宛に申請書が郵送されます。送られた申請書に振込先口座を記入し、振込先口座の確認書類(通帳もしくはキャッシュカード)と本人の身分証明書のコピーを送付して市町村に郵送します。

2.オンラインによる申請方法

オンラインでの申請をする場合は、マイナポータルから振込口座の入力と口座の確認書類をアップロードすることで電子申請が可能です。身分証明書は必要ありません。

ただし、オンライン申請の利用は、マイナンバーカードを所持している人のみになっているため、所持していない人は郵送での申請になります。

給付金詳細について

給付金の明確に定まった支給開始日は決まっていませんが、可能な限り迅速に行うと言われており、早ければ5月中旬頃から開始されます。申請開始日はそれぞれの市町村で決まります。

注意ポイント

注意点として下記の2点に注意しましょう

  • 振込先口座は原則申請者本人名義の銀行口座
  • 申請期限は郵送申請方式の開始日から3ヶ月以内

申請期限を過ぎてしまうと、給付金の受け取りを行う事が出来ないため、申請の開始が始まるとすぐに申請手続きをしましょう。

その他に不明な点があれば、総務省のサイトをご確認下さい!

新型コロナウイルスはいつ収束するか不透明で、この先も心配は続きますが、今出来る事を精一杯取り組んで、収束の日を待ちましょう。

最後までご覧頂き誠にありがとうございました!

-雑記

Copyright© 脳筋ケンタ.net , 2021 All Rights Reserved.