旅行術

海外旅行でのコンセントの使い方!携帯の充電は大丈夫?

海外旅行に行く際に、心配になる点の一つとして、現地のコンセントでも日本と同様に携帯の充電やドライヤー等の使用を出来るのかが挙げられると思います。

また日本の家電製品をそのまま海外で使用すると、ショートするといった話を聞いたこともあるかと思います。

海外のコンセント形状日本の形状とは異なることが多く、電圧も国によって様々なため、そのまま日本の製品を使えないことがあります。

折角の海外旅行で困らないためにも、今回はこのコンセント問題を解決していきましょう。

主な海外のコンセント形状

海外にある主要のコンセント形状を上にまとめてみました。

日本に住んでいる皆さんにとって馴染み深いのは、日本のAタイプのコンセントだと思います。Aタイプは、日本の他にアメリカやカナダ、タイや南米などで採用されています。

逆に言えば、これら以外の国に行く場合は、コンセント形状が日本のものと異なるため、変換プラグが必要になってきます。

変換プラグには2種類のタイプがあります。1つはそれぞれの形状のみに適用できる安価なタイプ。

もう1つは、1つの変換プラグで全てのプラグ形状に対応できる優等生タイプです。

海外旅行にそこまで行くことがなく、出来るだけ安く抑えたい方は独立した安価なタイプを選んでいいと思いますが、これからも海外に行く可能性がある方は全てに対応できる変換プラグを買うことをオススメします。

海外の電圧は日本と一緒なのか?

次に問題となるのは、電圧です。電圧は先程のコンセント形状と比較して、目に見えないため、分かりづらいかも知りませんが、国によって使用されている電圧の大きさが異なります

日本の電圧は100Vでありますが、これは世界的に見るともの凄く低く、大体の国では200V程が使用されています。そのため、100Vにしか対応していない日本製品を、電圧の異なる海外で使用するとショートや火事になる可能性があります。

各製品に対応電圧が記載されているため、確認してから使用するようにしましよう。iPhoneの充電器は100V~240Vと記載されているため、世界中で充電可能です。

100Vにしか対応していない日本製品を使用する場合は、変圧器という機器を使用する必要があります。

変圧器は、その名の通り現地の電圧を日本の製品にあった電圧に変換してくれる機械です。

充電するものが携帯しかないという方は必要ないと思いますが、ドライヤーやパソコン等を持って行く方は、まずその製品の電圧を確認して、必要な場合は変圧器を準備しましょう。

次に各国で使われているプラグ形状と電圧を見ていきます。

各国のプラグ形状と電圧

世界の国々のプラグ形状と電圧をまとめましたので、変圧器や変換プラグが必要か確認下さい。

アジアのプラグ形状と電圧

 プラグ形状電圧
韓国*C,SE,A220V110V
中国A,B,C,O220V
台湾A110V
香港BF220V
マカオA,B,B3,C220V
フィリピンA,B3,C110V,220V
インドネシアC220V
マレーシアBF,B3220V
シンガポールBF,B3220~240V
タイA,BF,C220V
ベトナムA,C,SE220V
カンボジアA,C,BF220V
インドB,C,BF,B3220V

*韓国では、Aタイプもありますが、主流はCとSEタイプの電圧220Vです。

ヨーロッパのプラグ形状と電圧

 プラグ形状電圧
イギリスBF220~230V
フランスC,SE220V
イタリアC220V
ドイツC230V
スペインC220V
オランダB,C,SE230V
ギリシャC220V
スイスB,C220V
ベルギーC,SE220V
オーストリアC230V
アイルランドBF220~230V
アイスランドC220V
スウェーデンB,C220V
フィンランドC220V
ハンガリーC220V
ノルウェーB,C230V
ポーランドC220V
ポルトガルC220V
ロシアC220V

中東・アフリカのプラグ形状と電圧

 プラグ形状電圧
アラブ首長国連邦BF220V,240V
サウジアラビアA,B,BF,C127V,220V
トルコC220V
エジプトC220V
ケニアB3,BF,C220~240V
モロッコC,SE220V
エチオピアC220V
南アフリカB3220V,240V

北南アメリカのプラグ形状と電圧

 プラグ形状電圧
アメリカA120V
カナダA110V
メキシコA,B110V
キューバA110V
ブラジルA110V,127V,220V
アルゼンチンC,BF,O220V
ペルーA,C,SE220V
チリC220V
プエルトリコA110V,220V

アメリカやカナダ等は日本の電圧とあまり変わらず、変圧器が必要か迷うかと思いますが、絶対に必要です!ですが変換プラグは必要ありません

オセアニアのプラグ形状と電圧

 プラグ形状電圧
オーストラリアO220~240V
ニュージーランドO230V
フィジーO240V

まとめ

今回は海外旅行に行く際に心配なコンセント問題について調べていきました。効率良く旅を楽しむには、携帯等の電気製品は必要不可欠です。目的地が決定したら、その国のプラグ形状と電圧を確認して、必要に応じて変換プラグ等を購入することをお勧めします。

個人的には、全てに対応した変換プラグを買っておくと、これからどこに行っても使えるため、買って損はないと思います。

他に海外旅行について不安なことがありましたら、下記ページを是非チェックしてみてください!

あわせて読もう
海外旅行に行く際気をつけるべき事5選!

最後までご覧頂きありがとうございました!

-旅行術

Copyright© 脳筋ケンタ.net , 2021 All Rights Reserved.